jeju

済州島農業技術院とGSKOREAのミカン多孔コンテナの開発

Jeju  National Agricultural Research & Development Institute (KIS) announced that it has signed a business agreement with GS Korea for the development of porous containers with projections optimized for tangerines and sharing of research projects.

[済州島農業技術院とGSKOREAのミカン多孔コンテナの開発]

関連記事:

http://www.newsje.com/news/articleView.html?idxno=210434

済州環境日報(http://www.newsje.com)

済州島農業技術院は、11月9日柑橘博覧会組織委員会でジエスコリア(代表 金世容)とミカンに最適化にした突起がある多孔コンテナの開発と研究事業を共有のための業務協約を締結すると発表した。

この日の協約を通じて、農業技術院とジーエスコリアは▲柑橘に最適化された突起がある多孔植木鉢開発▲柑橘類岱廟育成のためのプランター栽培技術の開発▲多孔コンテナと従来のコンテナとの生育比較などの研究開発▲最適のプランター栽培の肥料管理技術共有▲その他、済州農業の利益増進のための農業関連情報の提供など、5つの研究事業を協力する方針だ。

出所:済州環境日報(http://www.newsje.com)

 

 

0 replies

Leave a Reply

Want to join the discussion?
Feel free to contribute!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *